ごあいさつ


魂がふるえる体験を
あなたにも

 
催眠塾ブライトン代表
Rena Hanafusa
私が催眠術と出会ったのは中学3年の時です。ちょうど受験の時です。「偏差値の高めの高校へ行こう」と決めた時、それまで勉強をする習慣が全くなかった私は、たまたま自己催眠の本と出会い
誰にも言わず密かに、自己催眠で要領よく勉強し見事合格することができました。

その後、私は実にさまざまにな自己催眠を試してきました。
催眠術は私の生活の一部です。

そして人を育てたり、ご縁を結んだり、教えたりすることをお仕事にしてまいりました。
こういったお仕事が大好きです。
多くの人と出会い、人には共通の悩みや苦しみがあるのだと知りました。
催眠療法はこれらの悩みを解決へと導いてくれる手段の一つです。

私の場合、厳しい母からのトラウマから長い間解放されず苦しんでいました。
ところが、他人には悟られまいと明るい面白い3枚目キャラで生きていました。
母から受けたトラウマを見ないようにして、自分の心にふたをしていたのです。
一方、明るいキャラの私の心が、いつもおびえいるのにはうすうす気づいていました。

自己催眠でこのトラウマが取れないかと、色々な方法で試していましたが
薄くなってはきてはいましたが、完全には取れていなかったようです

年齢退行を受けた時、涙が身体中からあふれて出しました
そして、セッションが終わると心が心底軽くなっていました

また、自分の前世を見に行く前世療法でも、自分のトラウマの原因を知ることができました
前世療法で、さらに心の奥底からのトラウマをとることができました

セッションを受ける前までの私は、どこか落ち着かなくて、自分が自分でないような気がしていたように思います。今思えば、トラウマがあった頃は、自分が自分の体の中にいないような感覚だったように思います。セッションを受けてからは、私の体の中にはちゃんと私がいて、心ももうおびえたりしていません。
取れきれることのなかった体の緊張感もとれました。
心も常にあたたかくかんじるようになり、体の体温も以前に比べて少しだけ高くなったような気もしています。

人はこの世に生まれてくる時、子どもが親を選んで生まれてくると言います
「今度生まれてくる時も父と母の子どもで生まれてきたい」と思えるようになりました。

前世療法で自分の前世を知った時、私は魂がふるえました。
あなたにも、いつかこの体験をしていただきたいと思っております。

あなたにいつかお会いできるのを楽しみにしています。